IPPとは

IPPとは

IPPとは、INSTITUTE OF PRACTICAL PSYCHOPHYSICSの略です。
本社は、ロシアの首都モスクワから約2000キロは離れたオムスク州にあります。
州人口は200万ほどのであり、州都のオムスク市は115万ほどの人口を有します。
とは言っても日本人のほとんどの方はそんな都市は聞いたこともありませんよね。
それもそのはずで、旧ソ連時代までは「閉鎖都市」だった為、日本人はおろか外国人はオムスクに行くことすらできませんでした。
では、どうして「閉鎖都市」なのか?それは、軍事産業や核兵器などのような施設があった為と言われております。
実用心理物理学研究所(IPP)は、1990年に国際診断アカデミーの非線形診断システムの学長である、Vladimir lgorevich Nesterovによって設立されました。この研究所では主に生体共鳴診断と治療の分野で実用的な研究が行われています。

ウラジミール・イゴレヴィチ・ネステロフ博士
国際非線形診断システムアカデミー社長
医療技術科学アカデミー会員

ネステロフ・ベーラ先生
医療技術科学アカデミーの通信会員
応用精神物理学研究所社長

 

 

タイトルとURLをコピーしました